1. ふじさき歯科医院TOP >
  2. 診療科目 >
  3. 審美歯科

審美歯科

審美歯科とは見た目の美しさに焦点を当てた歯科医療分野の事です。

e-max

e-max

現在白い歯を作製する場合に使われる代表的な材料としては、レジン(プラスティック系)やセラミック(陶材)や、その両方を併せたような性質のハイブリッド材料などがあります。
「e-max」は新しいセラミックの修復物(詰め物や被せ物)を作製するシステムです。
従来のセラミック材料は、金属で作ったフレームに焼き付ける方法が多く採用されてきましたが「e-max」は金属を使わずにセラミックだけで作製することが出来ます。その利点としては

  • 金属を使わないので、金属アレルギーの心配がない
  • 歯と歯茎の境目に黒い金属の影が出来ない
  • e-maxの材料は自然の歯の硬さに近いので、噛み合わせの負担を減らす

などです。

「そんな良い材料なら、なぜもっと早く使わないのか?」と思われてしまうかもしれませんが、900°C以上の高温に熱したセラミック材料を、患者様から型取りした模型にぴったりフィットする様にプレスする「e-max」のシステムは、近年のテクノロジーの進歩があってこそのもので、この数年で普及し始めた新しい技術です。
「e-max」は従来のハイブリッドレジンよりも耐久性に優れていますし、従来のオールセラミックよりも材質的に優れていて、しかもシンプルに作製出来る分従来のオールセラミックよりはコストも幾分抑えられています。

メタルボンドポーセレン

メタルボンドポーセレン

メタルボンドとは金属で作製したフレームに、患者様の歯の色に合わせたセラミック(陶材)を焼き付けたものです。
見た目も自然の歯に近く、強度もあり変色もしません。

 

ホワイトニング

歯のホワイトニング(漂白)とは、歯質を全く削除することなく歯の色調を変える方法です。
きちんと清掃していても生活の中で自然に着色して、歯ブラシでは取りきれない歯の内部に取り込まれた色素(タンパクなど)を専用の薬剤で分解、除去し、歯を白くします。
ホワイトニング
当院で行うホワイトニングの種類は

ウォーキングブリーチ

根管治療後(歯の神経を取る処置)時間が経過すると歯が変色することがあります。
診療室内で歯の根管内に薬剤を封入して漂白を行う処置です。

ホームホワイトニング

診療室で作製したマウストレーに薬剤を入れ、ご家庭で毎日2時間程度装着することを数週間継続して歯を白くする方法です。
基本的に最初のマウストレーの作製以外は歯科医院に来院せずにご家庭で行えます。(神経のない歯には出来ません)


日本歯科審美学会の認定資格

当医院ではホワイトニングコーディネーター(日本歯科審美学会の認定資格)の資格を持つ歯科衛生士が常勤しており、カウンセリングも行っておりますのでぜひご相談下さい。

高島平 ふじさき歯科医院へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

医院について

診療科目

診療日カレンダー

2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

休診日