1. ふじさき歯科医院TOP >
  2. 診療科目 >
  3. 小児歯科

小児歯科

ふじさき歯科医院の小児歯科

ふじさき歯科医院には小児歯科室を別室で完備しています。
子供が座りやすいユニット2台を子供専用に用意しました。
子供が治療に集中できる環境づくりに力を入れています。

ふじさき歯科医院の小児歯科室では、子供が自立して一人で治療を受けられるように、守っていることがあります。

  1. うそはつきません。
  2. 話がわかる子供を押さえつけたりしません。
    (基本的に3歳以上の子供は話が理解できると考えています。)
  3. 治療中のとき、保護者の方は待合室で待っていてください。
    (子供が自立心を持って治療を受けることにより上手にできます。)
  4. たとえ泣いてしまったとしても、がんばったのだから子供を褒めてあげましょう。

小児歯科室からのお願い

ふじさき歯科医院における医療安全対策の取り組み
  1. 子供をだましたり、ウソをついたりして連れてこないでください。
  2. 子供の機嫌によって治療時間が予定よりもかかることがありますので、時間に余裕を持っていらしてください。
  3. 平日の夕方と土曜日に予約が集中します、また急患や緊急の患者さんも来院しますので、予約時間よりもお待たせすることもあります。
  4. 泣いたり、さわいだりしても子供は一人でがんばっています。
    治療が終わったら褒めてあげてください。

『これからの季節ご注意を!』

ふじさき歯科医院における医療安全対策の取り組み

これから暑くなるとともに水分をたくさん摂取する季節がやってきます。
甘い飲み物は甘いお菓子と同様に砂糖が多く含まれていて、歯によくないことは知られています。
しかし、体によいとされているイオン飲料にもジュースと同程度の糖分が含まれていることは意外に知られていないようです。
体調を崩した時やスポーツ後の水分補給に薦められているイオン飲料ですが、ついつい止められなくなってしまい日常的に飲む習慣がついてしまう恐れがあります。
さらに、冷やして飲むと甘さを感じにくく飲み過ぎてしまい、たくさんのむし歯を作ってくる子も少なくありません。
体によいイメージなのでジュースよりより安全だと思われがちですが、決してそうではないのです。
もし、体調が悪く、水分補給のために飲む場合でも、市販されているものを半分にうすめた程度で十分です。
また、だらだらと食べたり飲んだりを繰り返していると、口の中はむし歯のなりやすい環境になってしまいます。
ジュース類やイオン飲料などの甘い飲み物を冷蔵庫に常備しておくと頻繁に飲んでしまいます。
子供たちは甘い飲み物が大好きなので、味を覚えてしまうとそちらに偏ってしまいます。
お家の皆さんで協力していただき、のどが渇いたら水かお茶あるいは牛乳にしていきましょう!
さらに、甘い飲み物はむし歯の心配だけでなく、肥満にもつながり健康にもよくありません。
子供たちの健やかな成長を願って、これからの暑くなる季節は特にご注意下さい。

高島平 ふじさき歯科医院へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

医院について

診療科目

診療日カレンダー

2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

休診日